My水槽生活

My水槽生活 - 熱帯魚の飼育方法、エサ、繁殖、水草、コケの防ぎ方をはじめ
日本淡水魚に関連することまで、魚の飼い方に関することを紹介するホームページです。

飼育に関するQ&A






お店で買ってきた魚がエサを食べない時は?


ペットショップで買ってきたばかりの魚というのは新しい環境に慣れていない為に、エサを与えても食い付きが悪かったり、まったく食べてくれないことがよくあります。そのため、魚が環境に慣れるまでの2~3日間はエサを与えないが一般的です。

 

環境にさえ慣れてくれればエサを食べてくれるようになるのが普通ですが、それでも食べてくれない場合はエサが合っていない可能性があります。その際には購入したペットショップに連絡して、その魚にどんなエサを与えていたのか聞いてみましょう。

 

 また、魚の種類によっては人工飼料になかなか慣れない魚もいますので、そのような魚にはアカムシ、イトミミズなどの生き餌を与えるといいでしょう。




魚が急にエサを食べなくなったら?


いつも元気にエサを食べていた魚が急にエサを食べなくなった場合は、その魚が病気にかかった可能性があります。魚の状態を観察してみて、体色が薄くなっていないか?体に白い斑点がないか?水槽の隅でじっとして動かなくなっていないか?などのチェックをしてみてくだい。チェックしてみて、明らかに病気だと分かった場合には市販薬などを使用して早急に対処してください。

一匹だけでなく、水槽内の魚の大多数がエサを食べなくなった場合は環境に要因がある場合があります。その際には、ヒーターの故障によって水温が下がっていないか?ろ過装置は正常に動いているか?などをチェックしてみましょう。




エサはどのくらいの量をあげればいいの?


エサの量は魚の大きさや種類によって大きく異なるので、与える量は自分自身で見極めることが大切です。見極める方法として、「魚が数分で食べきれる量」というのをひとつの目安にしましょう。また、エサを与えた後に食べ残したエサが水槽の底に溜まってたりする場合は明らかにエサの与えすぎということになります。食べ残されたエサは水質悪化の原因となりますので注意してください。

また、エサを与える回数は一般的に朝と夕方の二回がよいとされており、これは自然界の魚が朝と夕方の水温が低いときに多く食事をするという習性に合わせたものです。




ケンミジンコや水ミミズの駆除方法は?


水槽内をよく観察してみると、小さなミジンコのような生き物が動いていたり、底砂の辺りに小さくて小さいミミズのような生き物がいる場合があります。それらはケンミジンコや水ミミズといわれるもので、買ってきた水草などに付着して水槽内に混入、繁殖する場合がよくあります。魚に害はないですが、数が多いと水槽の見た目を損なう場合はあります。

これらの生物は水槽の丸洗いで数を減らす方法が一般的です。これらの生物は水槽のガラス面や汚れた底砂を住処にしている場合が多いので、コケを綺麗に取り除いたり、底砂を交換するだけでも大きな効果があります。



上手な石組みレイアウトとは?


よく石だけで水槽のレイアウトを組んだり、水草水槽のレイアウトの一部に石を組んだりしますが、そういう場合は同じ大きさの石をそろえて水槽に配置するのではなく、大きさがばらばらの石をあえておおざっぱに配置すると自然らしさがでます。また、意識して大きめの石を後方に、小さめの石を前方に配置すると奥行き感のレイアウトになります。


ただし、石組みレイアウトをする際、角ばった石などを多く入れると、水槽のガラス面に傷がついてしまうことがあるので注意してください。また、砂を掘り返す習性のあるナマズの仲間などにはにはあまり向きません。




流木のアクってどうするの?


水槽のレイアウトに流木を使用される方も多いかと思いますが、流木はアクを出しますのでそのまま使用すると水槽の水が茶色に染まってしまいます。

 

昔ながらの流木のアク抜き方法として、水をはったバケツに1ヵ月ほど漬けておく方法や、鍋で水を替えながら何度も煮るという方法があります。ただ、この方法では時間や手間がかかりますので、市販のアク抜き剤を使用したり、アクを吸着してくれる専用の活性炭を使用するのが一般的です。




魚の飛び出し事故を防ぐには?


よく魚が水槽から飛び出して死んでしまう事故がありますが、それを防ぐには市販されている水槽の蓋を設置するのが一般的です。特にハチェットやスネークヘッドの仲間は飛び出しやすい魚としてしられており、細心の注意を払う必要があります。

最近は水槽の上に何も設置しないオープンアクアリウムが流行ってきていますが、その場合は飛び出しにくい魚種を選んだり、水槽の水位を下げるなどして対応しましょう。




適切な水槽の置き場所とは?


水槽は以外に重いもので、横幅30cm程度の小型水槽であればならどこにでも置けますが、60cm水槽になると水や砂を含めた総重量が80kg近くなることもあるので、専用の水槽台か、強度のある家具に置く必要があります。


また90cm水槽になると総重量200kgになりますので強度の無い家具の上などには決して置かず、専用の水槽台の購入を検討してください。また、90cm以上の150cm、200cm水槽などは、木造住宅に置こうとする場合、床がその重さに耐えられない場合もありますので、その際は建築業者に相談したほうがよいでしょう。




採取した川魚をエサとして与えても大丈夫?


アロワナやナマズなどの大型魚を飼育している方で、金魚などの生き餌を与えていると大変エサ代がかかってしまいます。そのため近くの川で小魚を採取して自分の熱帯魚に与えている方もいるようです。川魚をエサとしてあげること自体は問題がない事ですが、川魚が病気にかかっていた場合、それを食べた魚も病気になってしまうことがあります。ですので採取した川魚はメレンチブルーで薬浴してから与えたることをオススメします。




魚の目が白く濁ってしまったら?


魚の目が白く濁ることは買ってきた魚を自分の水槽に入れたときなどによくおこります。これはpH(水のアルカリ性、酸性を示す)が合わないためで、pHの値が低く水質が酸性に近いときによくおこるようです。多くの魚はpH7の中性付近を好みますので、水槽の水換えを行ったりしてpHを適切な値に調整しましょう。

 

また、pHの値がその魚に合っていないと、体色が薄くなったり、食欲不振になるなど、魚の体調を悪くしてしまいます。pHの検査薬はペットショップなどでも簡単に購入できますので、定期的に検査して、その魚に合ったpHになるように調整してあげましょう。





投入式フィルターのメリットとは?


投入式フィルターはエアーポンプを繋ぐだけで簡単に使えるので、スポンジや活性炭の入った箱型のプラスチックをそのまま水槽に入れて使います。一番の利点は値段が安いことや、手軽に使えることが上げられます。

 

ろ過能力は外部フィルター、上部フィルターより低いですが、手軽に使えることを利用して小型水槽に使ったり、他のフィルターと兼用したり、メインのフィルターが故障したときなど万が一の時のために酸素補給とろ過の両方ができるこのフィルターを買い置きしておくのもいいと思います。




フィルターは掃除したほうがいいの?


フィルター内のろ過材というのはずっと使っているとゴミが溜まっていき、目詰まりをおこしてしまいます。特にウールマットはゴミが溜まりやすく、一年に2~3回は洗ったほうがよいでしょう。

ただし、フィルターというのはバクテリアを増殖させ生物ろ過を行っているものであり、一見茶色で汚いように見えてもそれは水を綺麗にしてくれるバクテリアなのです。なので、ろ過材を掃除するときは大きなゴミを飼育水で軽く洗い流す程度で十分です。逆に、水道水で完全に洗い上げてしまうと、バクテリアもいなくなってしまい、水をろ過することがでみなくなってしまいます。




熱帯魚を運ぶにはどうしたらいい?


熱帯魚を運搬する場合はペットショップで熱帯魚を購入した時に店員さんがしているように、厚手のビニールに水と魚を一緒に入れ、酸素を注入したうえで輪ゴムでしっかりと口を縛ります。ペットショップでは専用の器具で酸素を注入しますが、右図のような酸素スプレーでも簡単に酸素を注入できます。

 

また、運搬時には保温をしっかりと行うことも大切です。魚を入れたビニールを新聞紙で巻く、さらにそれを発泡スチロールの箱に入れると完璧です。また、輸送中はあまり揺らしたりせず、できるだけ魚にストレスを与えないように注意しましょう。




ヒーターはどう設置すればいいのか?


ヒーターを設置する場合まず、必ず横向きに置くようにして縦向きに置くようなことは避けて下さい。縦に置いてしまうと、水位が下がった際にヒーターが発火する危険性があります。また、ヒーターを砂に埋めると熱がこもったり、その熱でエサの食べ残しが腐っり、水質悪化を招いてしまいます。

また、ヒーターが突然故障してしまった時のことを考えて予備のヒーターを買っておいたり、大型水槽ではヒーターを複数設置して、片方が故障しても大丈夫なようにするなどの工夫をしておくのもよいでしょう。




水草は二酸化炭素の添加をしないとだめ?


水草の中にはアヌビアス、ミクロソリウム、ウィローモスなど二酸化炭素を添加しなくても十分に育成できるものも多いですので、必ず必要なものではありません。

しかし、二酸化炭素を添加することで様々な種類の水草を容易に育成できるほか、水草の成長が早まるなど、多くのメリットがあります。昔に比べると二酸化炭素を添加するレギュレーターの価格も下がり、初心者の方でも気軽に添加できるようになっていますので、余裕があればぜひ試してみるとよいでしょう。




関連するコンテンツ

熱帯魚の飼育講座①
初心者向けの熱帯魚





スポンサードリンク

このページをはてなブックマークに追加