My水槽生活

My水槽生活 - 熱帯魚の飼育方法、エサ、繁殖、水草、コケの防ぎ方をはじめ
日本淡水魚に関連することまで、魚の飼い方に関することを紹介するホームページです。

日本の水草

 

 

 

まずは水草をみつけてみよう


都会を離れ、少し田舎のほうへ足を運ぶと河川や水田などで簡単に日本産の水草をみつけることができます。

特に水田は多くの種類の水草がよく生えていることがあり、右の写真のような道路沿いの田んぼでも多くの日本産水草をみることができます。また、田んぼのなかだけでなく、田んぼに水を引くための用水路にもたくさんの水草がはえていますので、ぜひ用水路もチェックしてみましょう。

ただ、最近は農薬の散布などで場所によって水草の種類が大きく異なることが多いので、いろんな場所を捜索したほうがいいでしょう。また、保護地や国立公園などの水草は採らないように注意することも必要です。


水田や用水路に生える水草

日本の水草

上の写真は実際に田んぼや用水路で見つけた水草たちです。コナギやオモダカは日本の田んぼでよく見られる水草のひとつで、ビオトープやハイドロテラリウムに適しています。タネツケバナは水中でよく育つ水草ですので、金魚や川魚をしているような水槽に適しています。






水草の採集方法


水草を採取するときは水草の”根”をいたわりながら根こそぎ採るようにするのがポイントです。根こそぎ採った水草にはよく、貝や小さな水生昆虫が付着している場合があります。それらの生物を水槽内などに持ち込みたくない場合は採集した時点で取り除いておきましょう。

そして、水草を痛めないように、水草を採集するときは素手で直接行うのがオススメです。ただし、サイズが大きく、根がしっかり張っているような水草は抜けにくい場合もありますので、その場合は無理にひっぱって採ろうとせず、スコップなどの器具をうまく利用しましょう。

採集してきた水草を、自分の家の金魚や川魚の飼育水槽に入れ、レイアウトして使用されるかたは多いと思いますが、田んぼや川から採ってきた水草には農薬がついていたり、雑菌がついている場合があります。魚を飼育している水槽に使用する場合は水道水などでしっかり洗うように心がけましょう。





通販でも買える日本の水草


金魚や日本の川魚を水槽で飼育する場合は、日本のマツモやカボンバなどの水草を使ったレイアウトが魚によく合います。近くに田んぼや河川のあるかたは簡単に採集することができますが、そうでないかたは通販で注文することで簡単に手に入れることが可能です。また、通販で売られているものは採集してきたものと違い、魚に害のある農薬や雑菌がついていることもないのでオススメです。

 

  カボンバ

日本でよく見かける水草ですが、もとは北米が原産の外来種です。金魚を飼育するの水槽のレイアウトによく使用されます。
    マツモ

日本を含め、世界中に生息する水草でカボンバと同じように金魚やメダカの水槽でよく使われています。

  アナカリス

南米原産の外来種ですが日本にも生息しています。たいへん丈夫な水草でもあり、初心者の方でも扱いやすい水草です。
    クロモ

日本では用水路で多く見られる水草ですが、最近は数が減っているようです。また育成はさほど難しくありません。
             
  ノチドメ

日本の田んぼや用水路でも見かける水草ですが、水槽での育成はやや難しく、強い照明と二酸化炭素の添加が必要になります。
    リシア

気泡をつけた姿がたいへん綺麗な水草でペットショップでもよく売られています。育成には強い照明と二酸化炭素の添加が必要です。
             






関連するコンテンツ

水槽レイアウト
CO2を添加しよう





スポンサードリンク

このページをはてなブックマークに追加