My水槽生活

My水槽生活 - 熱帯魚の飼育方法、エサ、繁殖、水草、コケの防ぎ方をはじめ
日本淡水魚に関連することまで、魚の飼い方に関することを紹介するホームページです。

コリドラスの飼育方法

 

 

 

コリドラスの飼育方法

 

 

コリドラスについて

 

【分類】 ナマズ目、カリクティス科、コリドラス属
【分布】 ブラジルなどの南米域、コロンビア、アルゼンチンなど
【体長】 3cm~10cm
【食性】 雑食性

 

ナマズの仲間ではありますが、その小さくて愛くるしい姿から大変人気のある熱帯魚です。種類が豊富なところも魅力的な点であり、コリドラス専門のコレクターもいるほどです。

 

基本的に飼育は容易で初心者の方でも楽に飼育することができます。性格も温厚なので、他の小型熱帯魚と一緒に飼育することも可能です。ほかのの熱帯魚の食べ残しを綺麗に食べてくれることから、水槽の掃除屋さんと呼ばれることもあります。

 

 

 

 

 

コリドラスの飼育環境

 

 

上部フィルターを使った飼育例

コリドラス 飼育

 

昔からコリドラスをはじめとする熱帯魚の飼育環境として一般的なのが、この上部フィルターを使った飼育環境です。上部フィルターは構造がシンプルで価格が安いほか、ろ過能力も十分にあるのでアクアリストの間ではよく使用されてきました。上部フィルターに付いている排出口から出てくる水によって、コリドラスの好む水流のある環境を作ることもできます。

 

上部フィルターを使った飼育環境は定番であるがゆえに、水槽、上部フィルター、蛍光灯、ヒーターなどが全てセットになったものも販売されていますので、それを購入すると水槽の立ち上げを楽に行えるでしょう。

 

 

 

 

外部フィルターを使った飼育例

コリドラス 飼育

 

 

最近では外部フィルターを使った飼育環境でコリドラスを飼育する方も増えてきています。ひと昔前までは、外部フィルターといえばろ過能力が高いものの値段が高く、初心者には手を出しにくいものでしたが、最近では値段が下がり、小型水槽に使えるようなものも増えてきているのでオススメです。

 

 

 

底砂について

 

普段、水槽の底で生活するコリドラスを飼育するうえで、底砂選びは重要なポイントです。コリドラスは底砂を口先で掘り返してエサを探すという性質をもっていますので、粒の大きい底砂はあまり適していません。ぜひ、コリドラスを飼育する際には「田砂」のような粒の細かい底砂を選んであげましょう。

 

 

 

水流について

 

コリドラスはもともと、ある程度の水流のある環境で生活していますので、水槽内にも水流をつくってあげるとよいでしょう。専用の水流ポンプを使用する方法もありますが、大抵はろ過装置の排水口の水流や、エアレーションを行う事で発生する水流でも十分です。

 

 

 

隠れ家について

 

コリドラスは臆病な一面もありますので、水槽内に隠れ家となるようなものを設置してあげるとよいでしょう。隠れ家といっても特に難しく考える必要は無く、水草や流木を設置してあげるだけで十分です。購入してすぐなど、環境に慣れていない頃はずっと隠れ家に隠れたまま、姿を見せてくれないこともありますが、慣れてくると徐々に姿を見せてくれるようになります。

 

 

 

 

 

日頃の管理について

 

 

エサについて

 

コリドラスは水槽の掃除屋さんと呼ばれ、他の熱帯魚の残飯処理に利用されることもありますが、それだときちんとエサが行き渡らずに痩せてしまう場合もありますので、コリドラスにもエサをきちんと与えることをオススメします。

 

コリドラスのエサとしては、水槽の下へ沈むコリドラス専用のエサが市販されていますので、それを利用するとよいでしょう。また、コリドラスは冷凍アカムシやイトミミズなどの生き餌も好んで食べますのでオススメです。ただし、生き餌は水を汚しやすいので与えすぎには注意しましょう。

 

 

 

定期的な水換え

 

コリドラスを長期的に健康に飼育するには水換えが欠かせません。一般的に、水換えは一週間に1回、水槽の水の3分の1の量を交換するのが最適とされていますので、定期的に水換えを行う習慣を身に着けましょう。また、コリドラスにとっては水質だけでなく、底砂を綺麗に保つことも大切です。底砂にゴミがが溜まって目詰まりしているようであれば、すぐに底砂を掃除してあげてください。

 

 

 

混泳

 

コリドラスは温厚な性格ですので、他の魚にちょっかいを出す事はまずありません。ですので、グッピーや小型カラシンなど、同じようなサイズで、同じように性格が温厚な魚であれば一緒に飼育することができます。コリドラスの中には10cmにまで成長する、少し大型の種類も存在し、それらの種類は多少気が荒い部分もありますので注意が必要です。

 

 

 

繁殖について

 

種類によっては繁殖の難しい種もいますが、コリドラスは比較的繁殖させやすい魚です。コリドラスを健康的に飼育していれば、オスとメスが追いかけ合うような繁殖行動をみることができます。そして、卵を抱えたメスは水槽のガラス面や水草などに粘着性のある卵を産み付けます。もし、そのような卵を見つけたら別の水槽などに隔離しましょう。うまく孵化すると、孵化後2,3日でブラインシュリンプなどを食べるようになります。どの熱帯魚にもいえることですが、繁殖させるには手間がかかりますが、ぜひ挑戦してみてもいいかもしれません。

 

 

 

 

コリドラスの仲間

 

 

コリドラス・ハブロスス

コロンビアが原産のコリドラスで、大人にまで成長しても3cmにしかならない小型のコリドラスです。その小ささと見た目から、人気のある種類ですが、水質悪化に弱い一面もありますので飼育には細心の注意を払う必要があります。

最大全長:3cm

 

 

コリドラス・エレガンス

ブラジルやペルーが原産のコリドラスで、昔から親しまれているコリドラスの定番種です。背中に広がるまだら模様と低い体高が特徴的のひとつで、性格は温厚で飼育難度も低めですので、とても飼育しやすい種類です。

最大全長:5cm

 

 

コリドラス・ステルバイ

独特な網目模様と、オレンジ色に染まる胸ヒレが大変綺麗なコリドラスで、昔から親しまれてる定番種です。以前はとても高価な種類でしたが、養殖された個体が出回るようになってからは値段も落ち着いて、購入しやすくなっています。

最大全長:6cm

 

 

コリドラス・パンダ

体に入るスポットがパンダのように見えることからその名前がつけられ、その特徴的な名前の影響もあって大変人気のあるコリドラスです。水質などに対して少し神経質なことろもあり飼育には注意が必要です。

最大全長:4~5cm

 

 

コリドラス・アエネウス

赤コリという名称で呼ばれることもある、コリドラスの定番種です。ポピュラーな種類なので値段も安く丈夫なので初心者の方でも楽に飼育することができ、アエネウスに至っては繁殖も容易です。

最大全長:5~6cm

 

 

コリドラス・スーパーエクエス

ブラジル原産のコリドラスで、地味ながらも緑色に輝く体と、頭部のオレンジ色のコントラストが美しいコリドラスです。養殖固体が流通していないため、ほかのコリドラスに比べて値段が高価な種類でもあります。

最大全長:5cm

 

 

 

 






関連するコンテンツ

グッピーの飼育方法
初心者向けの熱帯魚





スポンサードリンク

このページをはてなブックマークに追加