My水槽生活

My水槽生活 - 熱帯魚の飼育方法、エサ、繁殖、水草、コケの防ぎ方をはじめ
日本淡水魚に関連することまで、魚の飼い方に関することを紹介するホームページです。

上部フィルター

 

 

 

上部フィルターを設置してみよう

 

上部フィルターは一般的に数千円ほどの値段で安く買えるうえ、メンテナンスも楽なので初心者の方にはオススメのろ過装置です。また、ろ過能力も高いので安心して熱帯魚の飼育を行うことが可能です。


一般的な上部フィルターはパーツがバラバラになって梱包されており、使用するには組み立てる必要がありますが、誰でも簡単に組み立てることができます。また、以下の写真のようにろ過装置にはろ過材を入れる必要があります。最初から付属しているものを使用してもよいですし、市販されているろ過材を使用してろ過能力をより高めることもできます。

 

以下の写真ではろ過材として大磯砂やウールマットを使用しています。










上部フィルターの仕組み

 

上部フィルターはモーターの力により水を汲みあげ、その水を濾過槽に通すことでろ過を行います。この水の流れのおかげで自動的に水に酸素を取り込むこともできます。濾過槽では小さなゴミなどを取り除く物理ろ過を行うほか、濾過槽にバクテリアを増殖させてえさの食べ残しや有害物質を分解することで水をきれいに保つ仕組みを持っています。

淡水魚 水槽






ろ過材について

 

ろ過材は様々なものが販売されており、どれを使用したらいいのか迷うかと思います。ただし、難しく考えることはなくウールマットと大磯砂のようなシンプルなろ材でも十分に水をきれいにすることができます。ろ材としてよく売られている活性炭を使ったものは汚れを吸着してくれる性質を持ち、セラミックでできた多孔質ろ過材はバクテリアが繁殖しやすいのでろ過能力を高めることができます。
  
どんなろ過材がいいかは人それぞれです。いろいろ試してみて自分に合ったものを見つけてください。














日常のメンテナンスについて

 

まず吸い込み口にゴミが詰まらないようにすることが大切です。吸い込み口にゴミなどが詰まるとモーターに付加がかかりモーターの寿命が縮まるほか、水量の減少によりろ過能力が落ちてしまいます。

ウールは半年に一回ぐらい水槽の水で軽くすすぎ大きなゴミや汚れを落とす必要があります。ウールが詰まったりすると目詰まりがおきて、ろ過能力が落ちてしまいます。

そして、たまにはプロペラ部分も分解してチェックしてみてください。プロペラにゴミや髪の毛が絡まっていることがあり、モーターに負担をかける原因になってしまいます。

よく水槽をセッティングしたばかりの時期ではに、水が濁ってしまうことがありますが、これはフィルターにろ過バクテリアが十分に根付いていないないのが原因で、バクテリアに頼って生物ろ過を行う上部フィルターでは水槽の設置時に魚を入れずに一週間ほど水槽を放置して、バクテリアをフィルターに定着させる必要があります。




関連するコンテンツ

熱帯魚の飼育講座①
飼育に関するQ&A





スポンサードリンク

このページをはてなブックマークに追加