My水槽生活

My水槽生活 - 熱帯魚の飼育方法、エサ、繁殖、水草、コケの防ぎ方をはじめ
日本淡水魚に関連することまで、魚の飼い方に関することを紹介するホームページです。

日本淡水魚の捕まえ方

 

 

 

日本淡水魚を捕まえるための道具

 

 

たも網

一般的によく使われるのがこのたも網です。水草の茂った所を狙って網をいれ、泥や水草ごとすくうようにすると、一緒に魚を捕獲することができます。この魚の取り方を「ガサガサ」とも言うようです。

基本的に川に直接入って魚を追い込むようにして網を使うと魚を採取しやすく、網の種類によって網目や形状がちがうので、稚魚を狙うときは網目の小さな手網を使うなど、狙う魚によって網を選んぶとよいでしょう。





釣り

たも網は基本的に小さな魚を採集するのに適しており、少し大きめの魚を狙うのであれば釣りで捕獲するのがオススメです。

釣りの場合は狙った魚種にあわせた仕掛けをしなければならないため手網にくらべ面倒なところもありますが、釣りがうまい人、釣りが好きな人にはもってこいでしょう。ただし、釣った時に魚の口を傷つけてしまうのでその点は注意しなければいけません。





四つ手網

網の中心部に魚が集まってくるようなエサをしかけ、狭い水路や、魚の集まりそうな場所に沈めます。その後、魚をそこまで追い込むなどして、タイミングよく網を引き上げることで魚を一網打尽にすることができます。



トラップ(魚キラー)

一度入ったら出られないお魚泣かせのトラップ。「もんどり」や「魚キラー」とも呼ばれ、ペットボトルで作ったものは「セルビン」とも呼ばれます。

網の中にはエサをしかけ、あとは魚の集まってきそうなところにしかえておくだけの簡単なトラップです。原理は単純ですが、たも網でガサガサするよりも効率的に採取することも可能です。ただし、漁業規制によって場所によっては使用が禁止されている都道府県もありますので注意してください。





魚の捕まえる場所

   

右のような川幅の狭い川では、川に直接入りたも網を使った【ガサガサ】が効果的。二人で組んで上流、下流の双方から魚を追い込んでもいいでしょう。

 

また、川幅が細くなっているところ(魚の通り道)にうまく【トラップ】を仕掛けられれば魚を一網打尽にできるかもしれません。







左の川のように水深が深くなっているポイントでは【釣り】で採集するのがオススメです。

 

そのほか、魚の集まりそうなところに【四つ手網】をしかけるのもいい方法かもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

あると便利な道具

 

 

川魚の図鑑

道具と言うほどのものではありませんが、淡水魚の図鑑があれば自分が採集した魚の種類が確認できます。 タナゴ類など、似たような種類が多いものは、大きな写真が載ってるような図鑑があるとすぐに種類を判断できて便利です。 また、このような図鑑には採集方法や飼育方法も書かれているものもあるのでとても参考になります。

 

 

 

ウェーダー

ウィーダーとは川などに入っても体が直接濡れないようにする為のもので、川や海に入って釣りをする方がよく使用するものです。たも網などを持ち直接川に入って採集を行う際にはあると便利でしょう。単純に濡れるのを防ぐほか、水温で体が冷えるのを防いだり、川底の危険なものから足を守る役目も果たしてくれます。
       
       

 

 

折りたたみバケツ(フタ付き)

普通のバケツだとがさばったり、倒して中身をこぼしてしまうこともありますが、フタの付いた折りたたみ式のバケツではそのようなことはありません。使い勝手は普通のバケツよりも格段に良いので、是非使ってみてはどうでしょうか。

       

 

 

携帯用エアーポンプ

乾電池で使える携帯用のエアーポンプです。採集した魚を持ち運ぶ際に、携帯用のエアーポンプがあれば魚を酸欠にすることなく安心して運ぶことができます。多くの魚をバケツに入れて運ぶときや、魚の酸素要求量の多い夏場には特にオススメです。










関連するコンテンツ

魚種別飼育方法
日本淡水魚の飼育方法





スポンサードリンク

このページをはてなブックマークに追加