My水槽生活

My水槽生活 - 熱帯魚の飼育方法、エサ、繁殖、水草、コケの防ぎ方をはじめ
日本淡水魚に関連することまで、魚の飼い方に関することを紹介するホームページです。

ドジョウの飼育方法

 

 

 

ドジョウとはどんな魚か

 

 

ドジョウとは?

 

日本では古くから食料として利用されてきた魚でもありますが、ドジョウといっても様々な種類があり、模様の綺麗なシマドジョウは観賞用としても人気があり、金魚やメダカを飼う水槽でよく一緒に飼われることもあります。

 

 

マドジョウ

 

分布:全国各地の水田、用水路、河川
体長:12cm

 

全国各地で見られる最もポピュラーなドジョウです。自然下では泥の中に潜り、イトミミズなどの小さな水生昆虫を食べています。基本的に雑食性で何でも食べ、とても丈夫な魚ですので飼育は容易です。最近ではドジョウの改良品種で、オレンジ色をしたヒドジョウがペットショップでよく売られています。

 

 

 

シマドジョウ

 

分布:四国や九州を除く全国各地の河川
体長:6~14cm

 

マドジョウと同じく日本の河川に広く生息しているドジョウです。体に白と黒の斑点があるのが特徴で、斑点模様は固定ごとに違うほか、棲んでいる地域によっても異なります。

 

 

 

 

スジシマドジョウ

 

分布:東海地方より西の地域
体長:10~13cm

 

最近では生息数が減少しているドジョウで、体にスジのようなラインが入るのが特徴です。スジシマドジョウは様々な分類型が存在し、地域ごとに体の模様などが異なります。

 

 

 

 

フクドジョウ

 

分布:国内では北海道北部の河川
体長:20cm

 

日本でなくシベリアや朝鮮半島などに広くする大型のドジョウです。比較的寒い地域に住んでいるドジョウであることから、水槽で飼う場合は夏場でも水温が25度以下になるよう注意する必要があります。

 

 

 

 

ホトケドジョウ

 

分布:青森県や中国地方西部を除く本州
体長:6cm

 

ずんぐりとした体形が可愛らしく人気があるドジョウです。そのためペットショップでもよく売られていますが、野生の個体数は激減しており、絶滅危惧種としても登録されています。

 

 

 

 

 

 

ドジョウの飼育方法

 

ドジョウの飼育例①

ドジョウ 飼育

 

簡易的に飼育するのであれば、値段も安い投入式フィルターを使うのがオススメです。投入式フィルターは水をきれいにするろ過の機能を持ち、酸素を供給するともできます。

 

そこまでろ過能力が高くないので、ドジョウをたくさん飼育するときや、ほかの川魚などもたくさん飼育する場合には向きません。

 

 

 

ドジョウの飼育例②

ドジョウ 飼育水槽

 

高いろ過能力を求めるのであれば、上部フィルターや外部フィルターがオススメです。ろ過能力が高く、水槽内の魚の数が多いときなどでも安心して飼育することができます。

 

ペットショップでは水槽とろ過装置などが一緒になった飼育セットがよく売られていますので、初心者の方はそれを飼うだけで簡単に飼育をはじめることができます。

 

一度ドジョウを飼育する環境ができてしまえば、他の川魚も一緒に飼育することもできますので、フナやタナゴなどの飼育も楽しんでみるといいかもしません。

 

 

 

底砂について

 

ドジョウはもともと自然下では川底の砂や泥にもぐって生活しています。ですので、水槽で飼育する場合でもドジョウが潜りやすいような、粒の細かい砂を入れてあげるのがオススメです。ペットショップではよく「田砂」というのが売られていますが、ドジョウにはこれが最適です。

 

 

 

 

エサについて

 

フナは雑食性で何でもよく食べてくれる魚ですので、ペットショップでよく売られている金魚のえさや、川魚用のえさで十分飼育することが可能です。

 

そして、ドジョウは金魚用のエサでも何でも食べてくれる魚ですが、水槽の底で生活する魚ですので、水に沈む沈下性のエサを選ぶのがポイントです。

 

また、最近ではドジョウ専用のエサも売られていますので、それらを使うのもよいでしょう。冷凍アカムシなどの生き餌なども好みますので、人工飼料だけでなく、たまには生き餌も適度に与えましょう。

 

 

 

 






関連するコンテンツ

フナ
日本淡水魚の飼育方法





スポンサードリンク

このページをはてなブックマークに追加